アクロコルドンを皮膚科で治療する場合の費用の目安

診察室

首や脇にできやすいアクロコルドン(老人性イボ)。
皮膚科でレーザー治療する場合は保険外なため高額になる恐れもあります。
事前に費用をチェックしておきましょう。

アクロコルドンを皮膚科で治療する場合の費用の目安

アクロコルドン(老人性イボ)の治療方法は、保険が適用される場合と適用されない場合で料金が全く違います。

 

皮膚科での治療

皮膚科で治療する場合、治療費に加えて初診料がかかるので注意しましょう。

 

【保険適用】液体窒素を用いた冷凍療法

凍結療法
画像:「住吉皮膚科ブログ」より

 

液体窒素でイボを壊死させます。

 

どんな種類の老人性イボ(脂漏性角化症)にも対応できますが、跡が残る場合があるので、顔などにはあまり行いません。

 

また、1回では取りきれないことが多く、数回通院する必要があります。

 

保険適用なので数千円でできます。

 

【保険適用外】炭酸ガスレーザー治療

レーザー
画像:「神戸アカデミアクリニック公式サイト」より

 

炭酸ガスレーザーで焼却してもらいます。

 

どんな種類の老人性イボ(脂漏性角化症)にも対応でき、1回の治療で消すことができます。

 

麻酔クリームを塗ってもらうので、大きな痛みはありません。

 

自費診療となるため、1個数千円で、数が多いと数万円という単位のお金がかかります。

 

皮膚科での治療費まとめ
  金額 注意点
液体窒素

1,000〜5,000円
(数が多いと高くなる)
別途診察代2,000〜3,000円

1回での完治は難しい。
数回の通院が必要。
痛みあり。
顔はNG。

ハサミ

3,000〜5,000円
(数が多いと高くなる)
別途診察代2,000〜3,000円

※小さく出っ張ったイボにしかできないため、平べったい形のアクロコルドンは不可。
レーザー

5,000円〜30,000円以上
(数や大きさによって金額が変わる)
別途自費診察代 2,000〜5,000円

保険が適用されない場合が多いので、費用が高額になる恐れがある。

 

皮膚科に行くと、あなたのアクロコルドン(老人性イボ)の大きさや数と予算などを考慮して、適切な治療法を提案してくれます。

 

例えば、レーザーでなければ取れない形のイボはレーザーにし、残りのたくさんできている薄くて小さなイボは液体窒素で処置することで、たくさんあっても1万円台で治療が可能です。

 

また、顔にできたアクロコルドン(老人性イボ)などの場合、普通の皮膚科よりレーザー治療が得意な美容皮膚科の方がおすすめです。

 

アクロコルドン(老人性イボ)は良性の皮膚腫瘍なので、皮膚科によっては「このままにしておいても問題ないですよ。」の一言で片づけられてしまう場合があるからです。

化粧品でケアする方法

アクロコルドンは次々とできてくるので、そのたびに皮膚科に通うのも大変です。

 

そこで、アクロコルドンなど老人性イボに効果があるとされる化粧品がおすすめです。

 

化粧品はいつものスキンケアを置き換えるだけでいいので続けやすいです。

 

特におすすめなのが、老人性イボに効果があるとされるハトムギエキス杏子エキスの入ったオールインワンジェルの「艶つや習慣」です。

 

オールインワンジェルとは、化粧水・乳液・美容液・保湿の機能が一つにまとまった化粧品のことです。

 

「艶つや習慣」は、化粧水・乳液・美容液・保湿効果に加えて、さらに老人性イボやざらつき対策になる角質ケアもできるので、ケアがとても楽です。

 

顔だけでなく身体にも使えるので、女性だけでなく男性や子供にも人気です。

 

艶つや習慣

 

1日約3〜5分を目安に丁寧にマッサージして老人性イボ(古くなった角質)に塗り込むと、角質が膨らんできたり立ち上がってきたり変化します。

 

ポロリとなる直前になると黒っぽく枯れたように硬くなってきます。

 

しばらくすると根元からポロリと痛みなどもなく取れてツルツルになります。

 

艶つや習慣説明

 

公式サイトはこちら