脂漏性角化症(老人性イボ)はシミの一種

脂漏性角化症はシミの一種

 

シミには、原因や症状の異なるさまざまなタイプのものがあります。

 

美白化粧品が効くものと効かないものがあり、おもに次のように分類されています。

 

老人性色素斑

老人性色素斑
もっとも一般的に見られる代表的なシミです。

 

紫外線による皮膚のダメージが主な原因で、長年日光に暴露されてきた顔面や腕、手の甲などにできます。

 

「老人性…」と病名には付いていますが、必ずしも高齢者だけに見られるわけでなく、早い人では20歳台で症状が現われることもあります。

 

ごく初期のうっすらしたシミの場合、美白化粧品が効きます。

 

何年も経つうちに隆起してくることがあり、脂漏性角化症になっていくものもあります。

 

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)

脂漏性角化症2 脂漏性角化症1 脂漏性角化症4 脂漏性角化症6 脂漏性角化症9
老人性イボ、老人性疣贅 ( ろうじんせいゆうぜい ) と もいいます。

 

シミが少し盛り上がったように見えるものですが、隆起の程度はさまざまで、ほんのわずかに厚みが増した程度のものから、イボのように大きく出っ張ったものまであります。

 

また、色も黒いもの、褐色のもの、少し赤くなったもの、肌色のものなど種々です。

 

この中で色が黒くて、隆起の少ないものがシミの範疇に入ります。

 

液体窒素による冷凍凝固処置や炭酸ガスレーザーが有効です。

 

 

脂漏性角化症に有効なジェル公式サイトはこちら

 

 

 

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

炎症性色素沈着
ニキビ跡や傷跡などが茶色くシミになって残ったものです。

 

足や腕にできた虫さされの跡がシミのようになって消えないことがありますが、これも同様です。

 

そのほか、ムダ毛を毛抜きで抜いていると、毛穴のまわりが炎症を起こして黒く跡になるのもこのタイプです。

 

ビタミンC誘導体などが含まれた美白化粧品が有効です。

 

肝斑 ( かんぱん )

肝斑
女性ホルモンのバランスが崩れたときに、両頬に左右対称性にもやもやっと広がるシミです。

 

妊娠・出産をきっかけに現われることがあります。

 

また、日光に当たると悪化するので、夏になると色が濃くなる傾向があります。

 

過労やストレス、ピル、抗てんかん薬なども症状を悪くする要因です。

 

レーザー治療は無効で、飲み薬や塗り薬を用いた治療が有効です。

 

光線性花弁状色素斑 ( こうせんせいかべんじょうしきそはん )

光線性花弁状色素斑
プールや海で日焼けをした後に、肩や背中の上のほうにできてくるシミで、よくみると円ではなく金平糖あるいはカラスの足跡のような形をしています。

 

各種レーザー治療が有効です。

脂漏性角化症(老人性イボ)に効くオールインワンジェル

艶つや公式サイト

 

「艶つや習慣」は、化粧水・乳液・美容液・保湿効果に加えて、さらに老人性イボやざらつき対策になる角質ケアもできるオールインワンジェルです。

 

顔だけでなく身体にも使えるので、女性だけでなく男性や子供にも人気です。

 

艶つや習慣

 

1日約3〜5分を目安に丁寧にマッサージして脂漏性角化症(老人性イボ)に塗り込むと、角質が膨らんできたり立ち上がってきたり変化します。

 

ポロリとなる直前になると黒っぽく枯れたように硬くなってきます。

 

しばらくすると根元からポロリと痛みなどもなく取れてツルツルになります。

 

艶つや習慣説明

 

ぶつぶつストレスから解放されてツルツル肌になりたい方におすすめです♪

 

 

オールインワンジェル「艶つや習慣」

公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私の体験談はこちら▼

 

艶つや習慣バナー